留学のススメ、帰国後の日々。☆Do what you like☆

miosagent.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 23日

いろんな言い回し☆

先日、英語を教えてる生徒さんから、

「死ぬ」って言い回しは、"die"だけじゃないんですね〜

と言われた。


確かに、英語では「死ぬ」ということを表す表現が沢山ある。


いわゆる婉曲表現(euphemism)というやつだ。


確かに、僕がアメリカの大学で英語のクラスをとってた時も、
ちょうどそんな風な話になって、
クラスのあちこちから、いろんな言い回しの「死ぬ」があがったのを覚えている。


pass away
be no longer with us
go to a better world(place)
breathe one's last breath


そして

kick the bucket!(くたばる)


kick the bucketという表現を当時の僕は知らなかったので、

へぇ〜、そんな風に「死ぬ」を表現できるんだ〜、と感心したもんです。


一説によると、
自殺者が首をつるために乗ったバケツをけとばす、
というものがあるらしいが、
随分とまあ、生々しい表現だこと・・・(ー_ー;)どこが婉曲なん??




そう考えると、日本語って「死ぬ」、「亡くなる」・・・「天国に逝く」?
とか、そんくらいしか死を表現する方法ないっすよね〜

なんでこんなに国によって、言語によって差がでるんでしょうかね?


まあ、そこに違いがあるからこそ、
勉強して、知っていくことに価値があり、意味があるんだと思いますけどね☆


知ってることばかりに囲まれても
やはりそれはそれでツマラナイと思いますから。



世界は、広い。
それをまず言葉以上に認識することが大事っすね〜(^_^)v

あー、行ったことない国々を回ってあるきたい(>_<)


梅雨時期で外出も控えめな最近、
そんなことを思いながら雨をみつめてます。


blogランキング
e0007482_21323531.gifraining cats and dogsが「どしゃぶり」って・・どういうことやのん!?


**************************************

☆↓プチ留学や長期留学、ワーホリについての情報はこちらのHPからどうぞ☆
e0007482_2349910.gif
[PR]

by taka_mios | 2006-06-23 00:39 | 英語について


<< voodoo doll      運命じゃない人 >>