留学のススメ、帰国後の日々。☆Do what you like☆

miosagent.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2006年 06月 28日

映画DEATH NOTEを見に行った☆

e0007482_22562614.jpg


そ〜んなわけで、
前々より話にだしてた映画、DEATH NOTEを観てきました。

今日が水曜日だということをすっかり忘れてた僕は、
映画館前に行ってびっくり!!(@_@;)

e0007482_2247644.jpg


あ、そういえば今日、レディースデイやんね・・・
みんな安い時にここぞと来るのね。ふふん。
ブランド好きでも、安けりゃ安い方がいいのね、現代の女性たちよ
ふふん。いいさいいさ。


それにしてもすごい列の並び。
映画館の中にも当然列ができてるんですよ、
それが中に入りきらないから、
外まで伸びて、こんな感じで続いてた↓

e0007482_22471758.jpg


え?わかりにくい??
まあまあ、とにかく沢山いたんですよ、ほんと。


僕、基本的に並んで何かを待ったりするの
苦手なタイプなんですよ。
同じことを待たずにできる日があるのなら
そっちでやったらいいやん、って思っちゃうんですよ。

でもね、まあ、前から計画してこの日に来ましたから、
たまには並んで我慢しよう、そう思ったわけですよ。(大人じゃん?)


ま、幸いある程度早めに行ってたから、
ちゃんと席には座れました♪♪



え?映画の感想ですか?



・・・うん、まあ、ふつぅ〜(ー_ー)


なんかそんなに『賢い頭脳戦』ってのがなかった気がする。

原作読んでなかったら、
Lにも月にも「賢い」って印象持たなかったんじゃないかなぁ〜

なんか、周りが無理矢理賢いキャラに仕立て上げてるような感じで、
実質彼らが言ってることもやってることも、
時間の都合上か、原作ほど上手くは伝わってこなかった。

それが残念。



でもね、映画独自のストーリーの部分は、
あれはあれで、なかなか良かったと思う。

まあ、前編はね、あくまでフリだと思うので、
細かい説明とか、設定とかの説明とか、
前編でやっちゃったから、後編はきっともっと多くの時間と労力を
ストーリー展開の方に費やしてくれてるはず。

きっと。


後編のチケットもすでに持っていますから、
10月?11月?? 
楽しみにしています☆



blogランキング
e0007482_21323531.gif瀬戸朝香の人気がわからない・・・


**************************************


☆↓プチ留学や長期留学、ワーホリについての情報はこちらのHPからどうぞ☆
e0007482_2349910.gif
[PR]

by taka_mios | 2006-06-28 23:10 | DEATH NOTE
2006年 06月 26日

voodoo doll

e0007482_21571350.jpg


最近ちょっとある知人にプレゼントをあげる機会がありまして、
さ〜て何をあげようか、と考えながら、とある雑貨屋に入る。

一目惚れ とは この事を言いますね♪


上の写真のcute girlを発見したんですよ(>_<)

そう、その名も

the voodoo doll toothpick holder!!


やたら"o"が多い子☆


ま、つまりのところ、爪楊枝たて、ですわぃ。


箱の裏にはこんな説明書きが☆


Make your next party painfully amusing by inviting Ouch!,
the voodoo-it-yourself toothpick holder.
Perfect for finger food, emergency hexes, and
jump-starting the good times!!



当然、爪楊枝立てとしても使えるし、
ストレスが溜まった時は、
その名の通り、『わら人形』として使っても・・・ふふふぅ(ー_ー)


嫌な上司や、むかつくクラスメートを思いながら
えいえい!と爪楊枝を突き刺してゆくわけですよ



・・・・・・暗っ(@_@;)


ま、ご愛嬌ですよ、ご愛嬌・・



僕がプレゼントをあげる時の基準って単純で、

『欲しいと思うけど、自分でわざわざ金だしてまで買うことないよな』

という程度のものをあげる。
これが一番。


豪華すぎて気を使わせることもないし、
狙いすぎて的外れになることもない。
いらなくなったら捨てるのにも抵抗を持たせないし、
深い意味があると勘違いされることもない。


みなさんは人にプレゼントするとき、
何を一番に考えますか??


blogランキング
e0007482_21323531.gif実際人を呪うのって、結構根気がいるらしいよ


**************************************


☆↓プチ留学や長期留学、ワーホリについての情報はこちらのHPからどうぞ☆
e0007482_2349910.gif
[PR]

by taka_mios | 2006-06-26 22:09 | 英語について
2006年 06月 23日

いろんな言い回し☆

先日、英語を教えてる生徒さんから、

「死ぬ」って言い回しは、"die"だけじゃないんですね〜

と言われた。


確かに、英語では「死ぬ」ということを表す表現が沢山ある。


いわゆる婉曲表現(euphemism)というやつだ。


確かに、僕がアメリカの大学で英語のクラスをとってた時も、
ちょうどそんな風な話になって、
クラスのあちこちから、いろんな言い回しの「死ぬ」があがったのを覚えている。


pass away
be no longer with us
go to a better world(place)
breathe one's last breath


そして

kick the bucket!(くたばる)


kick the bucketという表現を当時の僕は知らなかったので、

へぇ〜、そんな風に「死ぬ」を表現できるんだ〜、と感心したもんです。


一説によると、
自殺者が首をつるために乗ったバケツをけとばす、
というものがあるらしいが、
随分とまあ、生々しい表現だこと・・・(ー_ー;)どこが婉曲なん??




そう考えると、日本語って「死ぬ」、「亡くなる」・・・「天国に逝く」?
とか、そんくらいしか死を表現する方法ないっすよね〜

なんでこんなに国によって、言語によって差がでるんでしょうかね?


まあ、そこに違いがあるからこそ、
勉強して、知っていくことに価値があり、意味があるんだと思いますけどね☆


知ってることばかりに囲まれても
やはりそれはそれでツマラナイと思いますから。



世界は、広い。
それをまず言葉以上に認識することが大事っすね〜(^_^)v

あー、行ったことない国々を回ってあるきたい(>_<)


梅雨時期で外出も控えめな最近、
そんなことを思いながら雨をみつめてます。


blogランキング
e0007482_21323531.gifraining cats and dogsが「どしゃぶり」って・・どういうことやのん!?


**************************************

☆↓プチ留学や長期留学、ワーホリについての情報はこちらのHPからどうぞ☆
e0007482_2349910.gif
[PR]

by taka_mios | 2006-06-23 00:39 | 英語について
2006年 06月 19日

運命じゃない人

e0007482_2317586.jpg


『運命じゃない人』という邦画をみました☆

これ、めちゃくちゃおもろかったですよぉ〜♪♪
テイストとしては、前にここで紹介した『亀は意外と早く泳ぐ』に似てます。


でも、本当に、すごい数の伏線がはられてて、

「あ〜、そこがここに繋がるんだぁ〜」とか、

「えぇ!! あの時、こんなことが起こってたのぉ〜??」やら、

「まじで?? あなた、そんな、ひどいわ!!きぃ〜〜!!」と思ってみたり。


とにかく、楽しめる2時間です。

そして、とても心温まります。


人の優しさとは何か?
真実とは?

そういうことも、ぽつぽつ考えさせられますw




『運命じゃない人』、
英語で言うなら、

He is not the one.

ってとこでしょうか。



そう、いまここで、今回の話を無理矢理なんらかの形で
英語と絡ませようとしてるんです。はい。


だって、ここ「海外生活ブログ」だもん。
海外での生活の楽しさや苦しさや、
英語を学ぶおもしろさや苦労を書くサイトのはず・・・だもん。

しかし、今回は、流石に無理があるなぁ・・・・(ー_ー;)




でもね、まあね、僕が海外での生活を通じて学んだ一番大きなことは、




臨機応変に。




ですからね☆

いいじゃないっすか、たまには日本の話ばっかりでも♪(だみ??)



ほんと、おもろいから、皆様暇つぶしに是非ご覧ください☆


運命じゃない人 公式HP


blogランキング
e0007482_21323531.gifその日、ボクの家のドアは三回開いた・・・


**************************************


☆↓プチ留学や長期留学、ワーホリについての情報はこちらのHPからどうぞ☆
e0007482_2349910.gif
[PR]

by taka_mios | 2006-06-19 23:32 | 映画について
2006年 06月 16日

Death Note 04

e0007482_230214.jpg


The conditions for death will not be realized unless
it is physically possible for that human or it is
reasonably assumed to be carried out by that human.


(書き入れる死の状況は、その人間が物理的に可能なこと、
その人間がやってもおかしくない範囲の行動でなければ実現しない。)


condition--- n. the particular state that someone or something is in.

realize--- v. to chieve something you have been hoping for, working for etc

unless--- conjunction. used in order tosay what will happen or be ture
if another thing does not happenor is not true.

assume---v. to think that something is true although you have no proof

carry out---v. to do something you have said


***************************************************

さてさて、実写版Death Note、もうすぐ公開されますね〜♪

僕はもう前売りチケットしっかりゲットしてますから☆

あとは、あまり混まないであろう曜日、時間帯を狙って
見に行くだけです☆


やっぱ、平日ですよね〜見るとしたら。ふふふ(^_^)v

え?仕事はどうするのかって?

そんなの簡単ですよ。


プルウルルウ・・・ プルルルゥゥゥ

「あ、社長ですか? 実は、今朝から熱でふらふらしてまして。
ええ、たぶん、はい、風邪みたいです。はい、あ、いえ、平気ですよ。
ただちょっと仕事は...はい、申し訳・・え、はい、いえ、ありがとうございます。
なので、あの、来週の水曜日、休みます。
はい?あ、今日ですか、はい、今日は大丈夫ですよ。なんでですか?
来週の水曜だけ、はい、休みを。
ええ、例の件、はい、しっかりと、はい、大丈夫ですよ。
じゃあ、来週の水曜、確かに休みますんで。
え、熱? はい、39度くらいの予定です。はい。」


と、こんな感じで、ばっちりですよ☆ラクショー(ー_ー)v


Death Note, お、気がつけば明日土曜から公開じゃないですかっ!!


日本映画に革命を起こしてくれますかねぇ〜〜♪
期待しつつ、でも、やっぱりそんなには期待せずに見に行ってみます☆


e0007482_21323531.gif僕は3巻から読み始めました☆


**************************************


☆↓プチ留学や長期留学、ワーホリについての情報はこちらのHPからどうぞ☆
e0007482_2349910.gif
[PR]

by taka_mios | 2006-06-16 23:23 | DEATH NOTE
2006年 06月 14日

Steve Jobs

どうも、ちょっと間があきました、ごめんなさいですm(_ _)m

「忙しくて〜」という言葉は言い訳っぽいので言いません。

ただただ、「暇ではなかった」だけです。はい、同じですね、ごめんなさい。


そ〜んなわけで、今日はちょっとした発見の話をしたいです。



先日、伊坂幸太郎の小説『終末のフール』の話を引用して
ここのblogに書いたのですが、
とあるサイトで発見した、Apple社とPixar AnimationのCEOである
Steve Jobsのスピーチの中に、とても似た言葉を発見したので
ここで紹介してみたいと思います。


ちなみにこれが先日紹介した『終末のフール』の引用です


Steveはこう言いました。


When I was 17, I read a quote that went something like:

"If you live each day as if it was your last,
someday you'll most certainly be right."


It made an impression on me, and since then, for the past 33 years,
I have looked in the mirror every morning and asked myself:

"If today were the last day of my life,
would I want to do what I am about to do today?"


And whenever the answer has vbeen "No" for too many days in a row,
I know I need to change something.




(私が17歳の時に、下記のような引用を読んだ。
『もしあなたが、一日一日を最後の日のように暮らせば、
いつの日か確かにその正しさに気がつくだろう』
それは私に大きな衝撃を与えた。その日以来、33年間、
私は朝起きると鏡の中の自分に向かってこう問いかける、
『もし今日が私の人生の最後の日だとしたら、
私が今日これからやろうとしてることを私はやるだろうか?』
その答えがもしも『NO』で、そんな状態が何日も続くようだったら、
それは何かを変える必要がある、ということだ。)

***************************************************


結局、生き方には、何が正しくて、どれが間違ってるという基準があまりない。
だから、人は迷うし、悩むし、考える。


だた、少しでも、将来振り返って『正しかった』と言えることができるように
今の自分に自分で問うことが必要。


『自分はいま、自分が本当にやりたいこと、やるべきことをやってるだろうか?』



それが全ての答えではないとは思います。

ただ、それで答えがでる問題も確かにあると思います。


上司の愚痴を言うために酒を飲むんじゃないですよ。
仕事の不満を言うために友達を呼ぶんじゃないですよ。
できないことが多いんだよと文句を言ってる時間が無駄ですよ。

やりたいことを語りましょう。
やるべきことを見つけましょうよ。


そういえば、『アイデン&ティティ』という映画の中でこんな言葉がありました。



”やらなきゃいけないことをやるだけさ、だからうまくいくんだよ”





僕もそう、思います☆



blogランキング
e0007482_21323531.gif収穫には立ち会えないかも知れないが、できるだけ多くの種を蒔こう。


******************************************************

☆↓プチ留学や長期留学、ワーホリについての情報はこちらのHPからどうぞ☆
e0007482_2349910.gif
[PR]

by taka_mios | 2006-06-14 22:24 | 日記なんです
2006年 06月 10日

アメリカに降り立った日

e0007482_2049335.jpg


先日、ちょっと私用で山梨にいきました。

そこで食べた、いや、食した海鮮丼!!!
激ウマです、めちゃウマです、チェケラッチョです(@_@)/


これでもかってくらい豊富な魚介のバリエーション!!
しかも新鮮で、全部が全部ぷるんぷるんしとる。

いや〜、やっぱ人間美味いもん食わなアカンですな。うん♪



日本に関して思うことは、
とにもかくにも飯がうまいっすよね〜

なんで、こんなに美味いんだろうか、ってくらい美味い♪

具材も豊富だし、レストランも山ほどあるし。


もちろんアメリカの飯も美味いですよ。

肉も美味いし、チャイニーズやメキシカン、
和食ですら、まあまあ美味い店もあったんですよ。
そしてハンバーガーは勿論美味いし☆


ただね、ふっと僕が思い返した時に、
アメリカの地に初めて降り立った時に、
一番最初に僕が口にした食べ物って、



カレーライス なんですよ。



えぇ、そう、あのカレーです。


サンフランシスコの空港でなんですが、
税関でちょっとトラブって、いきなりちょい泣きそうになって、

「ああ、やっぱり独りでなんてこなきゃよかった・・・」

と、ほんのり後悔し始めてたころ、

「いや、ここで負けちゃいかん! こうなったら日本の味を食べて元気をつけるべさ!」

と、思い立ち、何故か目の前にあったカレー屋に足を向けたんです。


カレーが日本の食べ物かどうかは別として、
とにかく懐かしい(と言っても、まだ日本を発って十数時間しかたってないんだけど)
食事をとれば、元気もわくと考えたんですよ。


ところが、これが裏目にでた!!


そのカレーライスがまずいこと、まずいこと(>_<;)

もうね、すごいんですよ、具の入れ方が・・

とにかく具がでかい
じゃがいもなんてまるごと一個がそのまま入ってる
しかも2個!!!

当然皮なんて剥いてない、みたいなひどい状態。

もう散々な見た目と、散々な味に、
憂鬱を通り越して、怒りも寂しさもない
抜け殻状態ですよ。


あ、でもちょっとしたら、ふつふつと怒りがわいてきたかな〜


『おう、アメリカ、いい度胸してるやんけっ、九州男児なめよったら痛い目あうけんね!』


と、無理矢理開き直って、
ずかずかと乗り換えの飛行機の待つゲートに歩いていったのである。



今思えば、あの時のカレーがもし美味かったら、
ますます日本が恋しくなって、
アメリカにいる気持ちが萎えてたかも知れませんね。


そういう意味では、
まずいカレーよ、ありがとう☆


僕のアメリカ生活第一歩は、
こんな感じで踏み出されたのでした。ちゃんちゃん♪

e0007482_21323531.gifカレーライスはそんな好きじゃないです、実は。



**************************************


☆↓プチ留学や長期留学、ワーホリについての情報はこちらのHPからどうぞ☆
e0007482_2349910.gif
[PR]

by taka_mios | 2006-06-10 21:13 | アメリカ生活
2006年 06月 07日

V for Vendetta

e0007482_9421273.jpg


ちょっと前の話ですが、
ひさびさに映画を見に行きました☆

『V for Vendetta』、みなさんはもう見ましたか??


この映画、なかなかおもしろかったですよ。

復讐、それも政府に対する復讐がテーマなんですが、
一人の男の思想と思考が、どこまで周りに影響を与え、
人々を動かすことができるのか、というのが
見ていてとても興味深かったです。


映画をみてると、三島由紀夫のことがふっと頭に浮かびました。
僕はあまり詳しくは知らないのですが、
ある本の中に、彼は大勢の人々の前で、
自分の考えを述べれば、
必死に自分の思想を訴えれば、
必ず皆にわかってもらえる、
そして、何かを変えることができる、と信じていたーーーと書いてあった。

でも実際は、自衛隊員1000人ほどの前で行なった彼の演説は、
あまりの野次の多さのため、8分ほどで切り上げ、彼は自ら命を絶った。


自分がどんなに必死になっても、
世界が何も変わらないというのを目の当たりにするのは、
それはそれは辛いと思う。

今回の映画でも、
僕はそんなことを考えながら、ストーリーを追っていました。


長い目でみれば、
世の中ってのは当然変わっている。
50年前と今じゃ全然違うし。

だけど、それってただ変わっただけであって、
変えられたのとはちょっと違うような気もする。


ゆったりとした坂道をある程度一定の速度で転がり落ちる地球があって、
その動きは確かに変化だけど、
革命ってのは、その地球を受け止めて、
違う方向に投げ飛ばすくらいの行動を言うんだろうな〜と思う。

最近、そんな人いないですよね。


それは良いことなんでしょうか?

みんな世の中の動きに納得がいってるということでしょうか?

それとも、諦めきってるってことでしょうか?




たぶん、どっちの要素もあるんでしょうね。




・・・あぁ、最近ここのblog真面目に書き過ぎですねw
まぁ、そんな時期もありますんで〜(^_^;)


あ、ちなみに、『V for Vendetta』のV役の人ですが、
ず〜っと仮面をつけたままだから、大して有名じゃない役者がやってるんだろうな
と思ってたら、意外に有名な人でした☆びっくり!!

誰がやってるか知りたい人は、こちらをみてみてくださいな♪



**************************************

☆↓プチ留学や長期留学、ワーホリについての情報はこちらのHPからどうぞ☆
e0007482_2349910.gif
[PR]

by taka_mios | 2006-06-07 10:19 | 映画について
2006年 06月 05日

終末のフール

e0007482_19125261.jpg


Today is the first day of the rest of your life.

(今日という日は、残された日々の最初の一日) by Charles Dederich



上に書いた英文は、伊坂幸太郎の小説『終末のフール』の最初に
書かれている文章です。

毎日が新しい人生の最初の日、スタート。
そう思って生きることが大切。


言いたいことはわかる。
だけど、それってかなり難しいですよね?

例えば今日寝て、明日起きたとしても
人生が実質ガラリと変わってるなんてことはまずない。


じゃあ、どういう意識を持って生きてゆけばいいのか?


僕にとっての答えは、
この『終末のフール』の中にありました。

これによって、僕はいま毎日生きる上で
ふっと疑問を感じたり、
不安に襲われたりした時に、
自己を揺るがさずに、しっかりと前を向いて生きるための
大きな支えになっています。


なので、ちょっと皆様にもご紹介したいと思います。


*****************************************************



『苗場君ってさ、明日死ぬって言われたらどうする?』

俳優は何の脈絡もなく、そんな質問をしていた。

『変わりませんよ』苗場さんの答えはそっけなかった。

『変わらないって、どうすんの?』

『僕にできるのは、ローキックと左フックしかないですから』

『それって、練習の話でしょ? というかさ、明日死ぬのに、そんなことするわけ?』
可笑しいなあ、と俳優は笑ったようだ。

『明日死ぬとしたら、生き方が変わるんですか?』

文字だから想像するほかないけれど、
苗場さんの口調は丁寧だったに違いない。

『あなたの今の生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なんですか?』



*****************************************************


自分の今の生き方は、
あとどれくらい生きるつもりの生き方なんだろうか?


むしろ、
あとどれくらい生きるつもりで今を生きるべきなのか?


そういう基準で考えると、
おのずと今何をすべきか、何をしてる場合じゃないのかが
じわじわと分かってくる気がします。



そんなことを思う、今日このごろです。


**************************************


☆↓プチ留学や長期留学、ワーホリについての情報はこちらのHPからどうぞ☆
e0007482_2349910.gif
[PR]

by taka_mios | 2006-06-05 19:28 | 英語について
2006年 06月 02日

DEATH NOTE 03

e0007482_18402180.jpg


the human who becomes the owner of the DEATH NOTE can, in exchange of half of his/her remaining life, get the eyeballs of the god of death which will enable him/her to see a human's name and remaining lifetime when looking through them.

(デスノートの所有者となった人間は、自分の残された寿命の半分と交換に、
人間の顔を見るとその人間の名前と寿命の見える死神の眼球をもらうことが
できる。)


remaining --- adj. having been left when other similar things or people have gone or been dealt with.

enable ---v. to make someone or something able to do something

*********************************************************************


Death Noteという漫画のおもしろさの要素のひとつに、
テーマがcontroversial(議論の余地のある)ものだというのがあると思う。

つまり、「勧善懲悪」な分かりやすい話なのではなく、
ふたつの意見のどちらにも考慮する部分があり
一概に「あんたが悪者で、きみが良い者」とは言えない。

そういう要素。


主人公の夜神月は、Death Noteを使って犯罪者ばかりを殺し、
事件のない平和な世の中を作っていこうとします。
そして実際に、次々に心臓マヒで死んで行く犯罪者がでるため、
誰も犯罪を犯そうとしなくなる。

悪いことをすれば殺される。

そういう意識がつくからだ。


しかし、「相手が誰であろうと、殺せば犯罪」というのがもう一方の意見。

そのため警察たちは、夜神月を捕まえようとする。
その攻防戦が、Death Noteの話の中心なわけです。


Death Noteはもちろん漫画ですが、
こういう要素ってのは現実社会にも多くあるわけで、
最近の僕が思うのは、


人は法に洗脳されてる


と、いうこと。

ルールってのは人を縛るものではなくて、
人の生活を幸せにするためのものだと思うんですよ。


それができてない。

そう感じることが最近多いです。


話せば長くなるんで、これはまた次回のtopicとして
改めて語らせてもらいたいと思いますが、
テレビでニュースとか見てると、
やれ事件だの、捜査だの、被害者だの、誘拐だの、
そんなことばかりがあふれていて、
その度に、そこに法律がなんらかの形でかかわってくる。


正直、テレビを見てると時々うんざりすることがあるんですよ。


見るのも嫌、聴くのも嫌だ、と思うことが。


なんでニュースってあるんですかね?


世の中で起きてる不幸なことを
どうしてわざわざみんなに伝えるんでしょうか??


伝えられた側が、すぐに迅速にかつ正確にそれに対処して、
改善策、打開策をくりだせるならまだ話はわかるんですが、

実際、どうしようもないことが多いじゃないっすか、
事後報告だし、後の祭り的なことも多い。




うーむ、いかんいかん、ちょっと頭の中で話がうまくまとまらないので、
また次回、つらつらと書きたいと思います。


ただひとつ言いたいのは、(しつこい??)
Death Noteという漫画を読んで、

「あ〜おもろかった☆」

という感想を持つだけではなくて、
その話の持つ、中身、問題点、論点などを一人一人が深く考えることが
大事だったりするんじゃないかと、

僕は、そう思うわけなんですよ。


**************************************

☆↓プチ留学や長期留学、ワーホリについての情報はこちらのHPからどうぞ☆
e0007482_2349910.gif
[PR]

by taka_mios | 2006-06-02 18:56 | DEATH NOTE